いい事づくめな米粉を使ったアイシング用クッキー

去年からお料理、お菓子作りに米粉を
積極的に取り入れています。

 

体に優しくて、いい事づくめな米粉。

 

試作に試作を重ねて、ようやく
アイシングクッキー用の米粉クッキーの
レシピが完成に近づいてきました。

小麦粉のクッキー同様、サクほろ感を
大事にしたくて、微調整しながら
食べ比べています。

お砂糖は白砂糖ではなく、

甜菜糖

を使ってじんわり
優しい甘さを目指しています。

 

来年からレッスンに取り入れられる
かも?

 

 

アイシングクッキー教室, icingcookie, 米粉アイシングクッキー, グルテンフリー

 

 

 

 

 

 

 

 

お菓子作りで米粉を取り入れる上で
一番難しいのが、

水分、油分のバランス。

 

 

自己流ではなかなか判断つかない部分
もあり、米粉のエキスパートのところへ
行って米粉入門講座を受けたり、

グルテンフリーのお菓子教室にも通い
プロの元で学ばせてもらいながら、
自分のレシピ作りをしています。

 

米粉のカップケーキ、
米粉のシフォンケーキ共に
生徒さん、友人たちに美味しいと
好評価を頂いていますが、

 

クッキーも同じ様に

美味しい

って言っていただける様に
優しい美味しさのクッキー目指して、
後少し頑張ります。

 

私が小麦粉から米粉にシフトする理由。

グルテンフリーなんていう言葉も日本でも
よく耳にする様になりましたが、

私の場合はダイエット目的ではなく、単純

美味しいから!

扱いが楽だから!

です。

 

水分を吸収しやすいという特性上、米粉で
生地を作るとしっとりもちもちに焼き上がります。

シフォンなんて最高にふんわりモチモチ
で本当に美味しいのです。

 

クッキーに使えばサクサクな焼き上がりに。
それには油分、水分のバランス、米粉の配合
バランスもとっても重要なんです。

配合間違えば、カッチカチのクッキーに。

 

小麦粉と違って、米粉はふるう手間が要らない!

という点も、頻繁におかし作りをする
私にとっては重要なポイントです。

 

 

米粉は小麦粉に比べて、油の吸収率が少なく、
特に揚げ物などはヘルシーで軽い仕上がりに。

時間をおいてもべちゃっと油っぽくなりません。

米粉の唐揚げなんて最高です。我が家の子供達は

唐揚げは米粉のがいい!

と毎度米粉指定です。
サクサクッとした食感がお気に入り。

水に溶けやすいので、後片付けの洗い物
も楽チン。

米粉は小麦粉より胃に負担が少ないからか、
胃もたれがしなかったり、油の吸収が
少ない事で結果的にカロリーオフできたり。

米粉を取り入れる様になってから、結果
として体が軽くなって、肌荒れも減りました。

 

 

そんな米粉の効果を実感しているので、
上手に使って、ヘルシーにお菓子を作って

米粉を使ったスイーツデコレーションの
楽しさを皆さんにお伝えして行きたいと
思っています。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA