涙、涙の卒園式

この3月、娘が3年間お世話になった幼稚園を
卒園しました。

小学校に行くのが楽しみでもありながら、

もう一度年少さんに戻って3年間幼稚園に通い
たい!

と未だに言う程、幼稚園が大好きで。本当に
素敵な先生方に愛情を沢山注いで大事に育てて
頂き、沢山のお友達に恵まれて楽しい3年間を
過ごせたんだなぁと感謝の気持ちでいっぱいに
なり、涙、涙の卒園式でした。

 


 

 

 

 

主人まで泣くとは想定外で、涙をハンカチ
で拭っているのを見てびっくり(笑)

でも娘からもらい泣きしてしまったんです。

主人と私だけでなく、他の父兄も。
と言うのも、卒園児が壇上で思い出のアル
バムを歌っている時に、娘だけ一人大粒の
涙を流して、ハンカチで涙を拭いながら歌
っていたのです。

楽しい、嬉しいって言う気持ちだけでなく、
寂しい悲しい、色々な感情を理解して、心
がこんなにも成長したのだなぁと感動して
涙が溢れてしまって。

うちの娘から貰い泣き、そしてそれ見て泣
いてる私たち夫婦を見て貰い泣きしちゃっ
たと、式後にいろんな方から言われました。

 

そして園長先生が修了証の授与で最後の園児
の名前を呼び上げた後流された涙にもまた貰
い泣きしてしまい、

式の最中ハンカチ1枚では足りないくらい大変
なことになってしまいました。

本当にいいお式でした。

仲良しののさまに見守られて、裸足で駆け回り、
お友達と元気に遊んだ園庭で式後に遊び納め。

 

 

 

 

 

この可愛い制服ともお別れかと思うと寂しいです。

なかなか止まっている写真は取れなかったけれど、
みんなのキラキラした笑顔が眩しかった。

 

3年前、色々悩んで娘には娘の得意なことを伸ば
して貰える環境で、また娘に足りないものを教え
て頂ける園にお願いしようと、息子が通った幼稚
園とは別の幼稚園に通わせることに決めました。

運動が大好きで活発な娘にはぴったりの園で、
体育会精神で仲間と切磋琢磨し、

仏教教育での学びも大きく心に刻まれているよ
うで、心身ともに逞しく、大きく成長しました。

思い切ってこの園にお願いして本当に良かった
と心から思える幼稚園生活でした。

私も役員で忙しいスタートとなりましたが、お
陰で縦横の繋がりもできて、新しい環境での
園生活も順調に楽しくスタートすることができ
ました。

謝恩会でも素敵な時間を過ごすことができて、
準備をしてくださったママたちにも心から感謝。

夜の部の母の二次会も楽しく、思い出に残る素敵
な1日となりました!

今回の着物の着付けもいつもお世話になっている
東京ボーテ
さんにお願い
しました。

ピンクの訪問着を着ることが多かったのですが、
今回は色無地に。

 

 

 

 

 

 

 

訪問着付け, 和装ヘアスタイル

 

 

 

 

 

 

 

東京ボーテさんは
訪問着付けで、ヘアアレンジ、着付け共にお
願いできるので、早朝料金払って前日にお着
物一式美容院に運んでいく手間もなくて便利
です。

何よりやはり結婚式や色々な行事で着付けている
数が半端ないので着付けが早くて上手で、しか
も着崩れないのがいい!

長年着物の着付けの先生に着せてもらっていた
のを、一度近所の美容院で髪と着付けをお願い
したことがあったのですが、

着付け方にも着付けの先生と違って違和感を感じ、
結果すごい着崩れがあり、、、散々でした。

やはり着付けの資格を持っている美容師さんで
あっても、普段から着付ける機会がないと腕が
鈍ってペーパードライバーと同じなんだな、と
その時学びました。

それ以来、着付けもヘアも訪問でお願いできる
こちらでリピしてお願いしてます。

自分で着付けができたらもっと着物の出番も増え
るのだろうなと思うのですが、なかなか叶わずです。

でもやっぱりたまには着物を着るのもいいものです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA